×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エイズの症状とは?

AIDS末期の症状について

エイズと言うのは、現在でも非常に怖い病気として認識されています。AIDSウイルスに感染してしまい、AIDS末期症状を迎えると、どのような症状が現れてくるのかと言うと、カボジ肉腫事が全身に出来てしまい、その他にも体重がどんどん減ってしまったりする事があります。また、末梢神経に障害が起きたり、顔面神経障害、この他にも認知障害などが起こります。AIDSウイルスに感染してから末期症状が出るまでどれくらい時間がかかるのかと言うのは人により違っています。特に結核や口腔カンジタなどにもなってしまう事があり、頻繁に発熱を繰り返して、血液の中の免疫力を低下させるので、併発してしまう病気も増えてきます。最終的には体重が極端に低下し、力が無くなるために食事も摂る事ができず死に至ります。