×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AIDSウイルスに感染

エイズ関連症候群について

本格的にエイズの症状が発症してしまう前に、エイズ関連症候群が現れる事があります。エイズ関連症候群と言うのは発熱や悪寒、それから発汗、この他に食欲不振や全身のリンパが腫れてしまう、体重が急激に減ってしまう、否倦怠感が強く激しい頭痛が続く、極端に貧血になってしまうなどと言う症状があります。このような症状は、他の病気によっても引き起こされてしまうので、特定するのら難しいと言われていますが、こうした症状が長く続いた場合、AIDSウイルスの検査を行った方が良いかもしれません。AIDSウイルスに感染してから本格的に症状が発生するまでの期間と言うのは人によって違いますし、長い場合には15年以上経過しても発症しない事があります。しかし、エイズ関連症候群と言うのは頻繁に引き起こされてしまうのですから、検査する際の目安になります。